flower border

葵乃春のフラワーBOX

ご訪問ありがとうございます。いけばな 草月流 師範取得記念として、週に1回の更新を目標に2013年1月1日から始めました。熊本県在住の、宮川葵乃春(きのはる)です。なんとなく始めた「いけばな」ですが、今では「好きで好きでしかたがない」です。そうなったのも、尊敬できる先生と出会えたからだと思っています。親切な先輩方に囲まれて、楽しくお稽古中です☆よろしくお願いします。

Candy、ありがとう。

Category・シマリスのCandy.R
2016年2月24日のお昼に、Candyさんが亡くなりました。私のそばから天国へ旅立ちました。誰もいない時に逝くよりもよかった。と思いたいです。

2013年3月16日から一緒に暮らし始めました。

3匹いました。おしりが赤毛のリスちゃんを連れて帰ることにしました。

2日目くらいかな?初めて仰向けで寝ているCandyさんをみたときは、びっくりしました。
ペットヒーターの横で、気持ちよさそうに寝ていました。


しばらくは、水槽の中で暮らしていました。


ミルクを飲ませていました。1日に何回も決まった時間にミルクを溶いていたのが懐かしいです。

ミルクを飲んで、寝て、上のふたを壊そうとして、また寝て・・・。の繰り返しでした。



初めて回し車で遊んだ日、お出かけに連れて行った日、ひまわりの種を上手に食べた日など、
色々な「初めて」の瞬間を思い出します。





4ヶ月後の7月頃、腕が脱毛しはじめ、
病院に通い始めました。


なかなか治らず、ネット等でフサフサのリスちゃんをみるのが、つらい時もありました。



いくつか病院をかわり、小動物を専門とされている先生に約1年半前から診てもらっていました。


診察のためとはいえ、看護師さんたちに触られるのは、とても嫌だっただろうなぁ。
と思います。
よく頑張ってくれました。診察室では、いつも逃げ回っていました。





亡くなる日の朝、すこし冷たく、呼吸もゆっくりでした。
病院に電話すると、コーラを煮詰めたものやプリンをあげて、暖かくしてみてください!
とのことで、そのようにしました。しかし、あまりかわらなくて病院へ連れて行行きました。





お膝の上に乗せて急いでいきました。
Candyさんが顔の向きを私の方にかえました。
お別れの挨拶をしているように感じました。
何度も何度もCandy!と呼びながら病院へ向かいました。






2月25日、好物のナッツ、お花、お手紙、さくらんぼフチコさん、ストックしていた木のハウスも一緒に火葬してもらいました。




お家を出る時、お庭に一輪だけタンポポが咲いていたので一緒に持って行きました。
春には、桜やタンポポもおやつにあげていました。




今年はまだタンポポをあげていませんでした。
きっと天国で喜んでくれていると思います。






一番最後に撮った写真は、ちょうど一週間前です。↓
毛がなくても、とても可愛かった。



亡くなる数日前からなんだかよくないような夢(内容は覚えていませんが・・・)をみていたのは、このせいかもしれません。



小さいけど私にとっては、とても大きな存在でした。色々なことがあった3年間、見守ってくれていました。


いけばな、フラワーアレンジメント、ピアノの練習、DVD鑑賞、イタリア語の発音 などなど
付き合ってくれてありがとう!


Candyさんから見える場所にいけばなやフラワーアレンジを飾っていました。

フラワーアレンジについては、いつも写真を一緒に撮っていました。




あまりお外にでないので、少しでも「自然」を感じてくれているといいな。と思っていました。


Candyさんとの思い出が、たくさんあります!


お出かけもしたし!



初めて作ったハンモックの中で寝てくれたとき、嬉しかったな!


手作りの乾燥野菜!!




回し車で遊ぶCandyが好きでした!




良いといわれるものについては、色々試しました。




結局、最後までなにが原因だったのかわかりません。



あと数分早く連れて行っていれば、生きていたかもしれない。と思うととても辛いです。




しばらくしたら、思い出の場所へ散骨するか埋めようと思っています。




まだまだ実感がわかず、部屋に入るたびCandyがいたケージの場所を見てしまいます。






しばらくの間、この場所にお花を飾ることにしました。




+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+


大好きなCandyへ

たくさんの思い出をありがとう。
思い出の品を見るとCandyを思い出して、
会いたくなってしまいます。
リボンのお茶碗、赤いアロマポット、ミルクをあげていたお茶碗、フチコさん達だけを残すことにするね。

私は、まだまだ、Candyがいない部屋に慣れずにいます。

私のいけばなは、3年間で上達しましたか?
いけばな、頑張るから。
これからは、お空から私の作品を見てね。

私の相棒でいてくれて、ありがとう。




+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+

Candyを気にかけてくださった皆様へ

ブログのお友達、リス友、私のお友達、先生や先輩方、家族、動物病院の方々、
色々とありがとうございました。

Candyと暮らすことを決めてから、
このような日が来ることは、わかっていることです。

どんぐりの情報やどんぐり、Candyへのお土産やお茶碗のプレゼント
Candyの調子どう?と気にしてくれて、ありがとうございました。


だんだんツルツルになっていったCandyさんですが、よくお水を飲んでご飯もたべて、
いつも私が近寄ると反応してくれていました。朝から、ガサゴソと起こしてくれていました。


↓今年のお正月。







自分の部屋に入るのが辛いし、気を抜くと泣いてしまいます。
気持ちが落ち着くまで、しばらく時間が必要なようです。










リンクバナーの応援クリックをお願いします。
 
2つのランキングに参加しています。クリックするとランキング画面に移動します。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment