flower border

葵乃春のフラワーBOX

ご訪問ありがとうございます。いけばな 草月流 師範取得記念として、週に1回の更新を目標に2013年1月1日から始めました。熊本県在住の、宮川葵乃春(きのはる)です。なんとなく始めた「いけばな」ですが、今では「好きで好きでしかたがない」です。そうなったのも、尊敬できる先生と出会えたからだと思っています。親切な先輩方に囲まれて、楽しくお稽古中です☆よろしくお願いします。

家元研究会(長崎2014/06/22)

Category コンテスト&研究会・講習会
今回のテーマは、「花と語りつつ生ける」でした。家元研究会(長崎2014/06/22)


~前日~
ギラヴァンツの応援にいきました。18時キックオフ!豪雨。
ダッシュで博多へ!そしてバスセンターから熊本へ!
寒すぎて、風邪をひきそうだったので、帰りの高速バスのお手洗いで着替えました。笑

そして、『草月 五十則』を読みながら熊本へ帰りました。


「いけばなの表現は無限」と書いてありました。レッスンで、冒険するように。と先生にアドバイスを頂いたことを思いました!


明日は、いつもと同じように無難な生け方ではなく、チャレンジだ!!と思いました。




~当日~
バスで3時間!寝不足の私は、ぐっすり寝てしまいました。
長崎に、到着!

会場は、メルカ築町!



まずは、家元のデモンストレーション。

さっさっさー!とダイナミックな作品が生けられていきます。


草月は進化していく流派。
花展でも同じような事ばかりしていてはいけない。

ふむふむ。



さて、40分(?!)で、配られた花材、持参した花器を使い、花と語りつつ生けます。。。。

私に配られた花材は、
・トクサ
・ユキヤナギ
・バラ

黄色の花器を持っていきました。あらら…。花器だけ浮いてしまいそう。


前回のレッスンでユキヤナギを扱ったばかり。(注:まだ、blogにはupしていません。)
トクサで、足元にボリュームを出そう。
4本の濃い赤色のバラ。少し控えめに使った方がいいかな。全部使う?迷うな。
トクサ!ユキヤナギ!!検山、隠れるかな…。焦

葉を使えるようにバラを丁寧に扱いました。





最後に、離れてみるとバラの長さが微妙。。。どうしよう。。。
と考えました。
こんなとき、レッスンだったら先生は…、
「思いきりなさい。」
とおっしゃるだろうな。と思い、前から2本目のバラを短くカットし、前に傾けました。



残りは、細いユキヤナギが一本。でも、どこにも入れるところないし~。よし!終わり!







↓家元の講評
・バラの葉の使い方
・ユキヤナギの整理の仕方
・花器と検山の位置
をほめられました。

繊細な作品になりましたね。
花器の三角とトクサが揃っていないのが良い。




そうなんです!ユキヤナギの葉をどこまで残すか、小枝をどれくらい入れるか、かなり迷ったのです。

さらに!奥行がでるように花器をこの置き方にしたのです(*^^*)





~メモ~
家元は、80作品ほど、講評されました。

葉ものの使い方や、構成、花器の形を取り入れた作品など、面白いなー。凄いなぁー。
と思いました。私の作品は…。

花と語りつつ生ける 事できたかな?一つ一つの線を大事にしたつもりだけど、平凡だ。と思いました。苦笑







まだまだ、チャレンジ!!は難しいようです。(涙)

そうですよね!他の方々に比べるとお花に触れてきた回数が違いますから…。私、がんばる!テキスト2のテーマを組み合わせて生けてみたり、変わった花器を使って生けたいな!
分解して再構成などのテーマをしたくなりました!


前回よりも、落ち着いていたし、なんとなく生けるのではなく、構成を考えて生ける事ができました。

やっぱり、参加してよかったー!!!



皆様が御察しの通り、私は、ポジティブです!(爆)


早く、次のレッスンにならないかなぁー!
楽しみですq(^-^q)



我らが上村社中からは、4名!日帰りで疲れましたが、楽しかったですね♪
お世話になりました(*^^*)







リンクバナーの応援クリックをお願いします。
 
2つのランキングに参加しています。クリックするとランキング画面に移動します。











スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment